対策法を知ってインフルエンザをしっかり予防|病気に打ち勝つサイト

男女

ウイルスの感染経路

横になる女の人

インフルエンザの感染経路は、飛沫感染が多いです。咳やくしゃみに含まれているウイルスが、体内に侵入することで発症してしまうのです。ワクチンを接種したり、手洗いやうがいをしたりすることで対策できます。

詳細を確認する

風邪との違い

足元

インフルエンザと風邪は、鼻水やくしゃみなどの共通の症状もありますが、インフルエンザの場合は高熱や全身倦怠感などの特有の症状があります。アルコール除菌剤を使って、対策をすることで、感染者の拡大を抑えられます。

詳細を確認する

潜伏期間に注意

頭痛

鼻水やくしゃみなどの症状が出た場合は風邪と思われますが、全身の悪寒や筋肉痛などの症状が現れた場合は、インフルエンザの可能性が高まります。インフルエンザは、38度以上の高熱や頭痛、吐き気などの症状があるので、このような症状に気づいたらすぐに病院に行って検査をしたほうが良いです。インフルエンザの怖いところは、発症しているときだけではなく、潜伏期間でも感染するということです。そのため、自分が症状を感じていないときでも、他人に感染させている可能性もあるのです。潜伏期間は、1日~3日程度ですが、長いときは1週間程度潜伏していることもあります。このような知識を知っておけば、効果的に対策をすることができます。

インフルエンザの対策として、効果的なのは加湿です。湿度50パーセント~60パーセント程度はウイルスが活動しにくいので、加湿器などを利用して調整したほうが良いです。また、ドアノブやリモコンなどの人がよく手を触れる場所にウイルスが付着していることが多いので、アルコール除菌剤などを利用して殺菌消毒することが大切です。ワクチンを接種したり手洗いやうがいをしたり、などさまざまな対策方法がありますが、免疫力を高めることも対策の1つになります。バランス良く食事を摂る、疲労やストレスを残さない、などの基本的な生活習慣もインフルエンザの対策に繋がるのです。タンパク質やビタミン類などの栄養素を、食事でしっかり補っておけば健康的な体を維持することができます。

一般療法と薬物療法

ハンド

インフルエンザにかかったら、安静にして水分補給をこまめに行なうのが治療の基本です。ノイラミニダーゼ阻害薬を飲んで、ウイルスを抑えるという対策方法もあります。換気したり、加湿したりすることも対策する上で重要です。

詳細を確認する